視力改善を目指そう!応援館

視力改善に必要なトレーニング法や訓練法、視力低下を予防する方法などを解説しています。

サイトトップ > 視力回復のツボ〜頭や顔、後頭部、手にある

視力回復のツボ〜頭や顔、後頭部、手にある

視力回復のツボをご存じですか?

目の周囲には、とくに視力改善に特効があるとされる視力回復のツボが密集しています。目のツボは、たいてい頭部にあり、目のまわりに集まっています。

しかし視力回復のツボは、じつは頭のツボや顔のツボ、後頭部のツボ、こめかみのツボ、眉毛のツボだけではありません。

手のツボもありますし、足のツボもあります。
なんで手のツボを指圧すると、視力回復に効果があるのかふしぎですが、感覚神経とか自律神経経由で刺激の交換がされるのでしょう。

視力回復のツボへの刺激は、感覚神経を通って、脊髄を経由し、脳へと伝えられます。脳はその情報をもとに、間脳の視床下部が自律神経の指令を出し、刺激した部位に関係する自律神経に「調子をよくするように」指令を出すのかもしれません。

視力回復のツボを、少し痛いけれど気持ちいいな、という程度指圧するということは、脳に、「危機的状況」として伝達されるのかもしれません。そこで脳は、傷んだ部位を回復させようと、自律神経をはたらかせたり、ホルモンを送ったりすると考えられます。

視力回復のツボは、たとえば目頭のツボがあります。
疲れ目があったとき、よく手を持っていく場所ですね。あるいは、こめかみのツボなんてのもあります。ものを噛むときにうごくので、こめかみってわけです。ここは太陽のツボといい、別名「目医者ごろし」という名前がついています。

こめかみの視力回復のツボを指圧すると、眼病がなくなるために、目医者が失業してしまうほどの威力を秘めているというわけですね。視力を改善したいのなら、このツボは覚えておきたいところです。

そのほか眉毛のツボは、両端と中央部に三つの視力回復のツボがあります。左右の眉毛で、6個ですね。ここは親指で押し上げるように指圧すると、気持ちいいですよ。テーブルにひじをついて、押し上げると、力をかけやすいです。

後頭部にも風池という視力回復のツボがあります。
ここは高血圧の人は、強くもまないように注意が必要です。

手のツボでは、合谷のツボが有名です。
人差し指と親指の合流するところにあるので、「合谷」のツボというわけですね。ここは万能ツボとよばれ、視力回復のツボのなかでは、私のみたところ、もっとも即効性があります。中国の手術では、この手のツボに針をうって、麻酔代わりにしているほど、痛み止めの効果もあります。

手のツボは大腸もととのえるので、便秘にも効果があります。
視力は便秘の影響もうけるといいますから、手にある視力回復のツボは、視力を改善させたい場合、不可欠のつぼといえますね。

視力改善へのヒント一覧