視力改善を目指そう!応援館

視力改善に必要なトレーニング法や訓練法、視力低下を予防する方法などを解説しています。

サイトトップ > 自宅で視力回復する方法〜遠くを見る必要はない

自宅で視力回復する方法〜遠くを見る必要はない

自宅で視力回復トレーニングをする方法を解説します。

自宅でという意味は、とくに遠くの景色を見なくても、視力改善できる方法ということです。もちろん窓から遠くの景色を一望できる環境に住んでいる人は、それを活用すべきです。

でも日本の住宅事情で、なかなか自宅にいながらにして、遠くの景色を見ることができない人もいるでしょう。窓をあけたら、となりの家が目の前になんてことも・・・orz

こういった日本の住宅事情がありますから、ここで解説する自宅で視力回復する方法は、遠くを見る方法ではありません。せいぜい室内の壁の距離があれば十分です。

壁にかかっているカレンダーの文字で、少しぼやけている数字を読もうと努力します。これが目の訓練になります。あるいは、カレンダーの文字をいろいろ視点移動させていくと、外眼筋を鍛えることができます。

視力はべつに遠くを見なくても、「目の筋肉をきたえる」という視点をもてば、おのずと視力は改善していくものです。

だから速読教室では、手もとの本ばかり読んでいるのに、視力回復している子供や学生、大人が続出しているわけですね。発想の転換が大事です。

自宅で視力回復しようという場合は、最大の困難は持続です。なかなか視力アップを実感できない場合はなおさらでしょう。こういった場合、視力回復機を購入して、形から入ってもいいと思います。モチベーションを維持できます。

そのほかインターネット上で販売されているマニュアルを購入して、視力回復のコツや秘訣を学ぶという選択肢もあります。ほんとうに役立つ、目がよくなるノウハウというのは、視力回復の本などで市販はされていないものです。そのため、あまり知られていない方法です。

あなたが本気で自宅で視力回復をトレーニングしたいというのなら、こういった本格的なマニュアル類を参考にするといいでしょう。

なにかわからないことや疑問点がでてきたら、メールで相談できますし、きちんと答えてくれます。なにより、現在のあなたの視力回復の程度から、的確なアドバイスをしてくれることでしょう。

こういった視力回復の専門家、インストラクターが身近にいれば、通信指導といえども、孤独な自宅での視力回復トレーニングを持続していく大きな力になります。

視力改善へのヒント一覧